SPI 二語関係 | キャリアワールド
SPI TEST CAB TEST その他テスト 学習テスト
トップページ < クイズ・適性検査 <  SPI 二語関係

SPI 二語関係

SPI 二語関係
出題範囲:中学生レベルまでの文法問題

SPI 二語関係の問題の解き方の解説

※集合とは何かわかっていれば難易度が落ちます。わからなければSPIの集合対策のページ をあらかじめ参照した方がいいと思われます。

最初に解説する前に、1問問題を考えてみましょう。これはSPIで実際に出る形式に近いものです。

SPI 二語関係の例題

次の『』で囲まれた二語関係ともっとも近い関係を選択してください。
『日本:アメリカ』

  1. 不穏:険悪
  2. 治安:アイマス(アニメ)
  3. ライター:たばこ
  4. バイオリン:フルート

答えがわかりましたか?考えてください。

この問題の場合、『日本とアメリカは国である』という関係が成り立ちます。つまり、日本とアメリカは並列の関係があります。

該当するのは、4番です。バイオリンとフルートは楽器で、単に楽器の要素を並列しているだけです。 1番の不穏と険悪は類義語、ライターとたばこは、「セット関係(たばこを吸うにはライターを使う)」が成り立っています。

治安とアイマス(アニメ)は、どちらも適当に、無関係の単語を並べただけです。意味を感じた人はまとめブログの見すぎです。

SPIの二語関係の問題は、どの問題であっても、 単語の並び(順番も考慮すること!)である程度推測できますが、パターンを覚えさえすれば大幅に楽になります。

これを覚える!二語関係一覧!

SPIの二語関係を攻略するうえで、実際に覚えなければならない言語関係は8つあります。 「類義語」「対義語」「包含関係(含む)」「包含関係(含まれる)」「役割」「原料」「並列」「セット関係」です。

もっとも、わざわざSPIの二語関係のためだけには対義語などを覚える必要はありません。 SPIの二語関係のためなら、ここまでの精密性は要求されていません。

SPIの二語関係で覚えてほしいのは、たった8つの二語関係です。以下の表に、用例を添えてまとめました。

類義語〇〇と××は、意味が類似している
突如と不意は、類義語の関係にある
対義語〇〇と××は、反対の意味を持つ
光と闇は、対義語の関係
包含関係(含まれる)A:B
AはB(集合)に含まれる
包含関係は順番を区別する
牛肉:肉の場合、牛肉は肉(という集合)に含まれる
包含関係(含む)↑の関係と区別せよ!
A:B
A(集合)はBを含む
文房具:セロテープの場合、文房具はセロテープを含む
役割〇〇は××をする役割がある
印刷機は、印刷する役割がある
原料・材料〇〇の原料は××
※材料の内の1つであることが多い
紙は木が原料だ。
並列〇〇と××は、何らかの集合の要素
※優先度は一番下
日本とアメリカは、「国」という集合の要素
セット関係〇〇は××とセットで使う
ペットボトルと飲料水はセットの関係

それでは、上に戻って適性試験SPIを体験してください。

参考資料

対義語・反対語辞典

広告

新着記事

仕事が多すぎる!仕事が大変なときの対処・対策法伝授!

仕事が多すぎるのは誰もが経験したことがあると思いますが、すべてを受けるべきでしょうか?むしろ、仕事が多すぎたらこちらから動かなければならないと考えています。今回はその方法を公開します。

子どもの教育にアニメってすごくおすすめだよ?おすすめアニメ4選

子供には、教育のためにも絶対にアニメを見せたほうがいい!逆説的かも知れませんが、友達がいるといっぱい成長できるのと同じく、アニメでも成長できるのです。何を見せればいいの?それを掲載します。

サービス終了するソーシャルゲームの見分け方

ゲームのサービス終了が言い渡されたら嫌ですよね?そうならないための自衛策を公開します。サービス終了になって不幸な目に合わないためにも熟読して自衛しよう!

ランダム記事

【就活生必見】企業の探し方マニュアル9選!

企業の探し方は実はあまり紹介されていません。企業を探すことは就活の重要項目の一つで、探し方を間違えると変な企業ばかり受けることになります。今回は企業の探し方を紹介します。

禁止は×!ゲーム・アニメ・テレビを禁止にすべきでない2つの理由!

ゲーム・アニメ・テレビを禁止にするのは、一見すると成績を良くしますが、そうとは限らないし、大きな代償を支払うことも?その理由2つを紹介します。そして、ゲームの正しい制限時間も提示します。

2018年卒版!就活はいつ始める?就活のスケジュールと就活までの過ごし方

就活のスケジュールと、就活までの過ごし方を簡単に紹介します。就活はいつ始めるべきでしょうか。就活は事前準備がある程度はものを言います。この観点から説明していきます。