「就活あるある100選とここから考える就活のコツと心構え」 | キャリアワールド
トップページ < ブログトップページ < 就活あるある100選とここから考える就活のコツと心構え

就活あるある100選とここから考える就活のコツと心構え

ほとんどの人には避けて通れない就職活動、就活。その世界がどうなっているのかを把握するのは正確には困難だが、あるある記事を考えれば、心構えを作成することもできるはずです。

就活あるあるを取り上げて、ここから就活の現実とコツについて考えてみましょう。

この記事は就活あるあるの紹介記事ではありません。それについて突っ込みあるいは考察を入れるのがメインです。ゆえにちょっと長文になりますが、これから就活をする人はここで学び、もう終わった人はあるある!と突っ込むのも一興と思います。

広告

就活あるあるとその考察

あるあるとは、文字の通り、あるねーと思えることです(投げやりレベルな説明)。ここでは就活あるある、就活生が「あるねー!」とうなずけることを掲載します。そしてそれについて40文字くらいで突っ込みます。

就活あるあるには就活の闇が含まれています。闇に耐えられない純粋な心を持っている人は、闇にある程度耐えられる心を持ってから、閲覧することを推奨します。

就活あるある100選とその考察

  • 一次面接が通らない
  • 通過率は30~40%のため、一次面接が通らないなどよくあることです。しかも、一次面接は人事などが担当で、多くの企業では逸脱者や非常識人をはねのけるために設けているものです。

  • その前にエントリーシートが通らない
  • エントリーシートの通過率は、一般には60%と言われている。基本的に企業研究は、ここでも必須とされる。 説明会の前に提出されることもあり、企業のホームページや口コミから考えなければならないなど理不尽な就活あるある。

  • もちろん二次面接も通らない
  • そしてだんだん気力を奪われる。

  • でも通過の連絡が来ると、とてもうれしい
  • 合格通知が来たときは、ものすごくガッツポーズ。内定通知が来たときは、肩の力が抜けます。

  • 不合格が続くと「人事は見る目がない」と言い訳をする
  • あるいは、「私なんかどうせだめだ」と絶望する。まだ前者の場合は気力を失っていない。 絶望する前に、就活の有効な戦術を考えること。数撃っても当たるとは限らない。当たりそうなところを狙ってみれば。

  • 「今年は就職難」とか騒いでみる
  • その通り。就活の大変さは以前より落ち着いたものの、長期的にはインフレ傾向にあるかもしれません。

  • 諦めて開き直った頃に選考がうまくいきはじめる
  • 理由は不明。ただし、就活にすべてを捧げる姿勢でなくなることが功を奏すかもしれない。時には肩の力を抜く必要がある。

  • 「給料だけが全てではない」とか言うやつが出現
  • その通りですが…終わりごろのタイミングで言いだすのであれば、ただ強がっているだけの可能性が高いと考えられます。

  • でもそういうやつに限って、大手企業の採用に進むと、手のひらを返したようにステータスを自慢してくる
  • そういう嫌な奴があるものです。

  • 説明会の最前列にいる頷き女
  • 私は熱心に聞いていますというアピールです。しかし横並びにすぎず、差をつけることはできません。

  • 説明会ではいちいちお礼を言ってからの質問
  • 私としてはいらつくような存在ではあるが…。いるんだよね。「ほんじつは貴重なお話をありがとうございます。 私は、日本大学の島村卯月です。学科は文学部、TOEICは700点です。(3分くらい後)質問がございます。」 おう、早くしろよ。就活あるある、迷惑な質問者です。

  • 「本日は大変貴重なお話ありがとうございます!」
  • きちょはな、テンプレ。人事が「何処が貴重な話ですか?」と言われても解答不能です。

  • ニュースで就職活動の話題をしているだけで辛くなる
  • 自分は今こんなに大変な状況に置かれている人なんだと、あらためて自覚するのはつらいと思います。これは受験でもなんでもあてはまります。

  • そのうちテレビを観ること自体が辛くなる
  • 同上。就活あるあるなのに、取り上げないだと?100もあるもん、楽できるところは楽する。就活も、楽できるところは楽をしよう!

  • 企業からのお知らせメールが来ないと思ったら土日
  • あのね…。最近は土日に送られることも。

  • 人事「みんな受かるといいですね」
  • 本音:まずありえませんな。

  • サークルの会長とバイトリーダーが大量発生
  • 横並びです。そしてどれも、全く差をつけられません。なにしろ大量にいるのだから。変わり者を集める風土の企業や、リーダーシップをあまり尊重しない企業風土ではなおさら、プラスの要素としては薄い。

  • 会場に早く着きすぎてソワソワ
  • 人事「選考には関係ありません」
  • 意訳:関係ないとは限りません。裏で採点していたり。

  • 連絡先を交換しようとしてくる男子学生
  • 就活ナンパというものです。そしてそういう人に限ってすでに内定は確保済みだったり?あるあるだよねー?

  • 大事な面接の時は勝負下着で
  • 結果には無意味ですが、気合を入れられます。

  • ブラジャーが透けている女子学生がいる
  • 下着着ないからよ…。女子学生さん、夏になったら下着を着ましょう。

  • そんな女子学生の後ろに座れるとラッキー
  • それで「今日はついてる。今回は受かったな」と思ってしまう
  • そしてそういう時に限ってお祈りメールをもらうことも。就活あるあるである。

  • 人事がかわいすぎて「この人顔採用だな」と思う
  • 採点基準がないもん…。

  • 私服の時より3倍くらい自分の体型に苛立つ
  • そもそも就活は身だしなみが合格の必要条件の一つになっている。

  • 男子の長い靴下を履くことへの抵抗感
  • 長い靴下=女子(理由:高校生のハイソックス文化など)

  • かわいい女の子の隣に座る
  • エントリーシートの最後の項目で字を間違えてしまい全部やり直し
  • IT企業のスタートアップなどではパソコンが普通ですが、それ以外はペン。間違いができない作業は疲れます。3度位失敗したら、一度休むのも手段。

  • 「自由に書いてください」と言われると困る
  • その「自由」というのが、制限された上での自由だから…

  • グループディスカッションで、何を話しているのかわからないけど頷く
  • 話を聞いていると思わせる。

  • ピアスの穴を拡張しすぎたことを人生で一番後悔
  • 悪いことは言わない。ピアスはやめとけ

  • 人事「風通しのよい社風です」
  • 離職率が高いと言う意味かも知れません。きちんと転職ナビなどで評判を調べてください。

  • 出会いに期待してしまう
  • うんうん。でも、私は出逢いなどなかった。

  • 「人と関わる仕事がしたいです!」
  • コミュニケーション力のアピール。これも横並び。

  • 大量エントリーのせいで、そこの企業に書いた内容を忘れる
  • わかるわ。そういうとき、企業の情報を管理するシステムが欲しいもの。 企業情報を比較しながら。特に同業他社を受験する人は。 キャリアワールドでは、企業情報を整理するシステムを提供しています。あわせてご利用ください。

  • 初面接の時の動揺が半端ない
  • 初面接に大企業を置くのは止めとくのを推奨します。中小企業の面接を受けまくって練習しましょう。

  • 「選考結果と次選考のご案内」というタイトルのメールに安堵
  • タイトルが「選考結果のご案内」「選考結果の通知」のような文面の場合、たいていは不合格。「不合格のお知らせ」でもいいのに。

  • 求める人物像「コミュニケーション能力がある人」
  • 人見知りはこういうときに困るものです。コミュニケーションの練習をしましょう。もし本当の意味でのコミュ障なら対策法はまた別にありますが。

  • 休みがほぼない
  • 忙しいです。

  • ストレスで激太り
  • ストレスがかかります。時々は休みましょう。あなたは自分では大丈夫と思っても、体は疲弊しています。

  • 様々な企業を見ればみるほど迷う
  • 選択肢が軽く4桁。迷うに決まっています。

  • とりあえず名前を知っている企業から順番にプレエントリーしてみる
  • 高学歴でなければ悪手です。むしろ知らないところに絞るべきかもしれません。

  • 欲しいもの「内定」とかSNSに書いちゃう
  • 書こうが書かなかろうと、欲しいものトップ1は内定。内定を握った瞬間、ほぼ自由が保障されるものです。就活あるあるでした。

  • 人生で初めて「速達郵便」を使う
  • 必要だからね。

  • 人事「あなたを◯◯に例えると何ですか?」
  • 難しい質問です。動物、乗り物、花や植物…。自己分析の重要性を物語ります。

  • 最終面接が決まると油断して他で落ちる
  • 内定があるのであればいいのですが。安全地帯に行くまでは、気を緩めずに面接に挑むこと。

  • 夜行バスで現地についたらもう体力ゼロ
  • 安い移動手段。夜行バス。体力的に、現地には余裕を持っていくことを推奨。

  • 自分以外全員優秀に見える
  • わかるわ。ただ、最初の方で取り上げているから省略

  • カバンが異常に重い
  • 資料、資料、資料(個人差有り)

  • 第一志望から内定をもらったら友達に嫌われる
  • (特に大企業の場合)

  • 「全然就活してないわー」とか言いつつこっそりやっている
  • 原因は2つ。1つは本人にとってはしていない、もう1つはこれは嘘、実はすごくやってる。

  • 内定が出ずに現実逃避でディズニーランド
  • 時には休むことも大事です。

  • 新幹線を乱用することへの罪悪感
  • 就活の費用は6~7桁万円(地方出身者)。新幹線を使わないと、移動が大変。東京から大阪までの距離など普通です。

  • 交通費を出してくれる会社への好感度がアップ
  • 交通費は高いもの。出してくれるならありがたいものです。

  • 脇汗の脅威
  • 汗のにおいで減点されたくないもの。

  • 「絶対通った」という確信後のお祈りメール
  • 世の中に絶対はない。内定が決まるまでは、必ず続けるように。少なくとも、内定の連絡のメールが来るまでは。

  • 「私服で来てください」と言われたからその通りにしたのに、スーツしかいない
  • 世の中には、自分がマナーの悪い人間だと思われたくない、減点されたくないという観点から、 スーツで来ることも。類似点として、クールビズを推奨しているのにスーツで来ることも多い。 人事の人は、「スーツでは来ないでください」くらいの一言を言ってほしい。

  • 和暦と西暦の自信のなさ
  • というか統一してくれ。

  • 早く行ってスタバで待機したら、周りがみんな就活生
  • 大企業あるあるです。

  • スーツで授業を受ける人を見て焦る
  • みんな就活生です!

  • グループワークのふわっとした感じの議論
  • 友達の内定先の悪いとこを探す
  • 探すことによって自分を満足させたいものです。

  • 「キャリアプラン」「インプット」「アウトプット」とか使いがち
  • 覚えたてのカタカナ語でも、使えば知的に見える、という願望だろうか?ただし、実際にはそうとは言えません。自分を上に見せているだけのバカです。

  • 説明会で社員がでかい声で「こんにちは!!!!!」
  • 元気な社風を刷り込ませたいのでしょうか。

  • 就活と卒論の両立不可能説
  • 就活はとんでもなく大変で、自由時間が奪われます。

  • 内定を取ったら全ての就活に対する不満が吹き飛ぶ
  • 「喉元過ぎれば熱さを忘れる」ですね。賛同しかねます。その姿勢にも問題があると思います。 私は、今の就活の環境は大いに不満を持っています。特に、超厳選採用の立場+内定格差について。 あと、マイナビやリクナビが作ったスタンダードの就活スタイルに。 大人たちが子供の苦悩を理解できないのと一緒。ゲームをそれなりにやって育った、ゲームがすごく好きだった親が、 子どもにゲームを禁止させるとか(そして今はやっていない)。 じきにそれについての記事を書きたい。

  • 笑顔で嘘をつく才能が開花
  • 面接はうそつき合戦です。本当のことを言って受かるのは、一部の企業です。

  • 集団面接で自信喪失
  • 自分の周りの人はすごいと思ってしまうのもわかります。しかし、彼らも同じです。みんな、周りはすごいと思っています。

  • 趣味「人間観察」
  • 横並びです。

  • 悲愴感に溢れている人が続出
  • 内定欲しいよ!!!就活あるあるです

  • 典型的な「マニュアル就活生」が続出
  • そもそも、こうすればいいという安全牌をとる。いわゆる大企業の不合格率を減らすために。人と違うことをすると不合格と思ってしまう。その心理からでしょうか? ただ、この方法が通用しない企業もあるのも現実。同じような奴(マニュアル人間)はいらないと言う企業も。 私の知人も、自分を出してマニュアル人間でなくなることで内定を得たが、その代償として他の企業は1次面接さえ通過できなかったと言っておりました。

  • 面接で間違えて他の企業の名前を言う
  • 大量の企業情報が交錯すると、そうなります。20の企業の情報を、間違いなく覚えられるのでしょうか?だとしたらあなたはスーパー就活生です。就活あるある、企業間違い。

  • 人事「やりがいのある仕事です」
  • 給料はそこまで上げません。

  • 慣れないパンプスで足が痛い
  • パンプスは運動には向いていません。それを使って歩きまくるのだから、痛くなるに決まっています。運動靴で来なさいと言ってください人事さん!就活あるある。

  • バイトのシフトが組めずにイライラ
  • それどころか遊び時間さえないかもしれません。就活生あるある、毎日忙しいという運命ですが、時々休みましょう。就活にすべてを捧げると後で燃え尽き症候群になることも考えられます。注意!

  • 「御社が第一希望です!」
  • だって第2志望以下だと落とすんだもん!

  • シューズ・パンプスのすり減り具合が切ない
  • 良く使うからね。複数買い替えも視野に入れましょう!就活前に買うことを推奨します。

  • 「そんだけしかエントリーしてないの? 自信あるね!」
  • 第一志望の企業の社員が神様のように見える
  • 落ちると怨嗟の対象に、受かるとしばらくの間は感謝する、そんな存在です。受かるまでは、「どうか合格してください」です

  • 筆記試験の対策のために3年ぶりに勉強
  • もっと前からやっとけばね…。

  • 祈られた企業のCMを見て複雑な心境になる
  • ここに行きたかったな…。

  • メールの量がもはやスパムレベル
  • エントリーした企業から返信が来ました。内容を掲載してくれマイ〇ビ!

  • 連絡が来なさすぎてケータイの故障を疑う
  • そして実際にはたいていは壊れていないか、機内モード。

  • グループディスカッションですべての議論を無に帰すクラッシャー登場
  • そういうやつ、嫌だよね。そういう人に限って第一志望の企業は既に合格していることも良くある。

  • 企業の資料が机に溢れる
  • 20,30の企業を普通に受験するから、机には大量の資料が溢れ返っていることも。就活あるある。

  • SPIをしていて中学の時にもっと勉強をすればよかったと後悔する
  • したって忘れます。5年以上経過すれば。

  • 携帯の音に過敏に反応
  • 合格、不合格のメールや電話が送られる。早く結果を知りたいのもしょうがない。

  • SNS上での「内定もらったー!」という友人にイラつく
  • 私は内定持ってないのに…友達だけ楽できるなんてと嫉妬することも。ただし、SNSは自分を大きく見せるための機関。SNSなんかにいないで、ブログの世界に行こう!

  • 本当の志望動機は「給料と安定」
  • 実力の多寡にかかわらず、安定は欲しいものです。

  • 雨の日の説明会はキャンセル
  • …賛成はしかねる(理由:どこでもいいから内定欲しいよね???このあるあるには賛成できない。あまり行きたくないところだったら別として)

  • ふと孤独感を覚える
  • 就活は孤独な闘い。友達を作るのをお勧めしたいですが、嫉妬心が強い人は作るだけつらい…

  • 「内定を頂いたら是非御社に貢献したいです」
  • 横並び(またかよ)

  • インターン経験者やコネ入社に嫉妬
  • そういう人って、就活していないから。羨ましいよね。

  • 人見知りには苦痛でしかない
  • 面接、グループディスカッションと、人見知りには酷なものが多すぎる。人見知りの人は、狙う企業を下げるのも手段。 ただし、学歴逆差別に注意。

  • 所詮学歴と感じる
  • 学歴相応の企業を受けましょう。学歴社会だから!

  • もうフリーターでいいのではないかと思う
  • 確かに就活しなくて済むけど…。経団連、学生を楽にしてやってください。

  • 面接で自己PRしているときの自分を思い返して、後で恥ずかしくなる
  • 私にとっては賛同できない(それより恥ずかしいことがもっといっぱいあるから)

  • 人事「今後のご健闘をお祈り申し上げます」
  • そしてたいていの場合は人事は祈っていない。

  • 友達に「内定おめでとう!」と言いながらもやっぱり複雑
  • 私は内定持ってないのに…友達だけ楽できるなんてと嫉妬する(またかい)

まとめ

以上100選を突っ込み考察してみました。基本的には一部の小数を除いて、就活の環境は圧倒的買い手市場です。そうでなければすぐに決まっているはず。就活生になる君、これをよんでココロを構えよう!

広告

↓記事が気に入ったらポチっと押してください。管理人が喜びます!
にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ にほんブログ村 IT技術ブログへ

2016-07-28 23:17:02投稿  カテゴリ:就活コラム

コメント

コメントはありません。
■トラックバックデータ
■トラックバックURL:
このURLにトラックバックしてください。
  • ブログの間違いなどは「連絡先」でお願いします(ブログのコメントは毎日見ているとは限りません)
  • 個人情報に関するコメントは禁止します。
  • 心無いコメントや中傷行為、荒らしは避けてください。
  • 正義の反対は別の正義、あるいは寛容。誤った正義感で書き込まないように。
  • 不快なコメントは削除し、場合によってはIPを公開します。
※スパム対策のため、一時的にコメントをできなくします。recaptchaを導入するためしばらくお待ちください。何かあれば連絡先でお願いします。
名前(20文字以内): 本文(2000文字以内): 画像認証(スパム対策のためご協力ください)
※送信ボタンを押すと、利用規約に同意したとみなします。

広告

新着記事

仕事が多すぎる!仕事が大変なときの対処・対策法伝授!

仕事が多すぎるのは誰もが経験したことがあると思いますが、すべてを受けるべきでしょうか?むしろ、仕事が多すぎたらこちらから動かなければならないと考えています。今回はその方法を公開します。

子どもの教育にアニメってすごくおすすめだよ?おすすめアニメ4選

子供には、教育のためにも絶対にアニメを見せたほうがいい!逆説的かも知れませんが、友達がいるといっぱい成長できるのと同じく、アニメでも成長できるのです。何を見せればいいの?それを掲載します。

サービス終了するソーシャルゲームの見分け方

ゲームのサービス終了が言い渡されたら嫌ですよね?そうならないための自衛策を公開します。サービス終了になって不幸な目に合わないためにも熟読して自衛しよう!

ランダム記事

【朗報】就職活動で正しく嘘をつく方法~嘘をつくのはダメじゃない~

就活では、仕方なく嘘をつくのであれば構いません。倫理的にはアウトですが、そもそも嘘で成り立っている感覚があります。今回は、嘘の組み立て方を解説します。どのように組み立てればいいのかを。

「会社はどこでもいい」就活生が、就活で内定を獲得する確率を上げるための方法

企業なんてどこでもいいと考えている人が内定を獲得する可能性を高めるにはどうすればいいのか、その具体的な方法を紹介します。

【就活】逆求人系サービス・スカウトサービスのススメ

就活生向け。逆求人サービス・スカウトサービスの超絶効果を紹介!逆求人サービスを使う理由・長所から、どのように利用すればいいのかを詳しく指南します。これで就活を勝ち抜こう!