「ゲームクリエイター・企画職になりたい方が読むべき『読んではならない記事』」 | キャリアワールド
トップページ < ブログトップページ < ゲームクリエイター・企画職になりたい方が読むべき『読んではならない記事』

ゲームクリエイター・企画職になりたい方が読むべき『読んではならない記事』

注意

あらかじめ言います。クリエイターや企画職になりたい方は読まないでください。私クリエイターの闇が書いてあります。読んだらクリエイター関連職の心構えが少しはわかると思います。

はじめに

クリエイターになりたい。ゲームクリエイター・ゲームデザイナーになりたい。企画をやりたい。そういう就活生や学生・高校生・中学生・小学生諸君も多いだろう。私もゲームデザイナーになりたいと今でも思っている。お金と時間さえあれば、自分でもゲームを売り出したいと思っている。

ただ、企画職とか、アイデアを出すことのむずかしさを、君たちは知っているのだろうか。今回は、ゲームを通してアイデアを出すことの大変さを説明したい。君たちは、ゲームのアイデアを出せと聞けば、いくつか出すことはできるかもしれない。ただ、実際に作るとなると、いくつかでは済まない。

就活生とか高校生とか中学生とかで企画をやりたい、クリエイターになりたいと思う人はたくさんいる。しかしこれは単なる憧れに過ぎないと私は思っている。なぜなら、アイデアを出すことの大変さを知らないからだ。

広告

思ったほど人はアイデアは出ない

再度言おう。思ったほど、人はアイデアが出ない。頭が固いほど、知識がないほど、アイデアの出る絶対量は少なくなる。

私は昔、ゲームを作りたいと思ったことがある。RPGツクールでも買って、「ポケモン」や「すいかが食べたい」といった、超大作を作りたいと思っていた。しかし残念ながらそうはいかなかった。

キャラクターの台詞とか情景描写とか、考えなければならないことが多い。数個ならまだしも数100ページ、下手したら数1000ページもの文章を考えなければならない。

そんなの小学生のころの私には到底無理な話。ゲームに関する知識も、ファンタジーの知識も皆無。キャラクターの設計の知識もない。本もろくに読まない。知っていれば思いついていたであろう有用なネタも、思いつくはずはないだろう。最初はものすごいやる気でゲームを作っていたが、そのうちアイデアが枯渇した。早い段階で。

「私…ゲーム作り辞める!」

今この記事を見ている人は、ブログをはじめて、1000文字以上の記事を50記事くらい書いてみてはいかがだろうか。

アイデアを出すことさえ、量がかさむと簡単ではない。ほとんどの人は、ブログをやっても、2桁も記事を書かないうちに辞めるだろう。アイデアが枯渇するから。

アイデアを出るようにするには、知識を増やすか頭を柔らかくするしかない。後者については困難なことがわかっているから、前者で頑張るしかない。いろんな方面から知識を集めて自分の肉体にして、ここからネタを絞り出すしかない。

思いついたアイデアも、有効とは限らない

もう一つ言おう。アイデアを思いついても、そのアイデアって本当に現実的に有効だろうか。どんな層に売り込むとか、他のアイデアとの整合性とか…考えなければならないことが多い。

マーケティングを例に考える。おもちゃを作るとする。おもちゃのアイデアを思い付いたと言っても、一体この会社が作ることができるのか。誰をターゲットにしているのか。ターゲットに売り込んでも有効なのだろうか。

そういう視点から、不要なアイデアを除去しなければならなくなることが多い。思いついたアイデアだけでは不十分で、有効なアイデアを提案しなければならないのが、企画系の職業やライター・ゲームクリエイターなどの宿命だ。

私の場合、ブログの記事の2つに1つは没にしている。その中には、2000文字くらい書き上がった記事さえある。内容が薄いことに気付いて公開を取りやめたのだ。

企画職やクリエイターになりたい人が何をすればいいのか

この2つの事項は、お互い独立してクリエイターや企画者を悩ませているわけではない。お互いが絡み合って、厄介な魔物を生み出している。

私は、企画職やクリエイターになりたい人がいたら、こう言いたい。いろんなものを見るべきだ。いろんな本を読んでほしい。業界研究・職種研究をたくさんしてほしい。それも、自分の業界にとどまらない範囲で。ゲームもたくさんやってほしい。ブログもたくさん読んでほしい。

とにかくたくさんの引き出しを作ってほしい。極端に言えば、電車の中の高校生の会話を盗み聞きするだけでも、何かしら学ぶこともあるかもしれない。すべきではないけれど。

アイデアは、ゼロから考えるものではない。既存の者を組み合わせて作るもの。完全オリジナルのアイデアなど、純粋培養しないとできない。人は何らかのアイデアの影響を受けている。このことを自覚してほしい。

ここまで現実を紹介した。もし企画職とか、クリエイティビティ―を要求される仕事を希望したいなら、心に刻むべきだ。

広告

↓記事が気に入ったらポチっと押してください。管理人が喜びます!
にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ にほんブログ村 IT技術ブログへ

2016-11-23 01:49:04投稿  カテゴリ:雑談

コメント

コメントはありません。
■トラックバックデータ
■トラックバックURL:
このURLにトラックバックしてください。
  • ブログの間違いなどは「連絡先」でお願いします(ブログのコメントは毎日見ているとは限りません)
  • 個人情報に関するコメントは禁止します。
  • 心無いコメントや中傷行為、荒らしは避けてください。
  • 正義の反対は別の正義、あるいは寛容。誤った正義感で書き込まないように。
  • 不快なコメントは削除し、場合によってはIPを公開します。
※スパム対策のため、一時的にコメントをできなくします。recaptchaを導入するためしばらくお待ちください。何かあれば連絡先でお願いします。
名前(20文字以内): 本文(2000文字以内): 画像認証(スパム対策のためご協力ください)
※送信ボタンを押すと、利用規約に同意したとみなします。

広告

新着記事

仕事が多すぎる!仕事が大変なときの対処・対策法伝授!

仕事が多すぎるのは誰もが経験したことがあると思いますが、すべてを受けるべきでしょうか?むしろ、仕事が多すぎたらこちらから動かなければならないと考えています。今回はその方法を公開します。

子どもの教育にアニメってすごくおすすめだよ?おすすめアニメ4選

子供には、教育のためにも絶対にアニメを見せたほうがいい!逆説的かも知れませんが、友達がいるといっぱい成長できるのと同じく、アニメでも成長できるのです。何を見せればいいの?それを掲載します。

サービス終了するソーシャルゲームの見分け方

ゲームのサービス終了が言い渡されたら嫌ですよね?そうならないための自衛策を公開します。サービス終了になって不幸な目に合わないためにも熟読して自衛しよう!

ランダム記事

【就活・業界研究】鉄道業界を知ろう!業界情報のまとめノート

鉄道業界の業界研究に最適!業界の情報が満載です。業界の事業内容、職種、さらには業界の問題点まで詳しく1つの記事にまとめています。就活生必見の記事です。

【就活・業界研究】食品業界を知ろう!業界情報のまとめノート

食品業界の業界情報をわかりやすくまとめています。まずはこのページで業界研究のスタートを切りましょう!食品業界の職種紹介、将来性と今後の課題、年収のグラフから、企業の一例までまとめたノートです。

小学生・中学生が学ぶべきプログラミング言語・おすすめ言語

今や小学生でさえプログラミングを学ぶ時代。プログラミングを学ぶ際に私が重視していることは、どれだけ楽しいか、どれだけ簡単に多くのことができるか!小学生や中学生が学ぶべきプログラミング言語をまとめました。